個人事業主でも作れるクレジットカードのメリットとデメリット

ゴールドカードはクラッシックよりも高い付加価値が与えられているので一般会員よりも手厚い待遇が受けられます。

昔は申し込み条件として、年収400万円以上、年齢は30歳以上など厳しい審査でしたが近年、ブラックカードなどの登場で、条件が緩くなってきました。

対象会員ならではの特典があり、一例として専用デスクの利用、ホテルや航空券、劇場などのチケットの手配などがあります。

年間の会費無料なものもありますが、こちらは既存の会員の中から一定の利用条件を満たした人だけが企業側から「お誘い」を受けるシステムなので、こちらから申し込んでも受理されません。

他には会社側で規定した以上の利用金額で年会費が不要になるものもあり、三菱東京UFJ銀行の三菱東京UFJ-VISAゴールドでは年間100万円の決済で適用されます。

世の中の不景気はまだまだ続きそうなので自分で工夫しながら節約をしていく必要がありますね。

毎日の節約に役立つのが、現金なしでショッピングできる1枚です。

何かを支払わなくてはいけない時はこれで済ませるとポイントが加算されていきます。

このポイントは商品券やその他色々な物に交換できます。

ポイントを効率的に貯めるにはポイント還元率が良いものでなんでも支払いはその1枚で済ませるのがおすすめです。

ランチやディナーもキャッシュレスなので財布の中を気にする必要がなくなるカードがありますね。

使った金額に応じてポイントがついたりイベント開催時には数倍になることもあります。

店員さんに手渡し出てきたレシートにサインするだけなので使い方は難しくありませんが、他人の物を使うと裏面にサインされた筆跡でバレてしまいます。

支払で立て替えてもらった代金は入会契約時に指定された決済日に自動引き落としされます。

支払回数は購入時に指定することもできますが、「後からリボ」や「ローン」に変更する事もできます。

電子マネーにも様々なヴァリエーションが増えてきて我々の生活に浸透しているセブンイレブンのナナコもそれにあたります。

あらかじめチャージしてカードに残金を貯めておき飲み会やディナーの支払もその範囲で決済することができます。

レジでお金を数える必要が無いのでスムーズに会計を済ませることができるため便利です。

ついつい使いすぎてしまうキャッシュレスなカードとは違って入金している中から支払われるシステムなので心配はいりません。

申込みについては、代金立替の信用取引ではないので入会審査が要らないためブラックな人でも利用できるので便利ですね。

手元にあると安心なクレジットカード審査は様々な審査に比べると比較的通りやすい事が多くおおかたのクレジットカード会社がネットから24時間365日申し込みが出来ます。

何か過去にローントラブルが無ければ手短な申し込み方法で短い審査時間で終わる場合が多く審査に通ったら、1週間ほどで本人宛のカードが郵送されます。

ブラックなどのグレードが高いカードでなくても旅行保険が付帯しているものが多いので安心して行動できます。

交通事故にあってしまったり、急に高熱が出た場合などに対応していてステータスが高いほど手厚い補償を受けることができ心強いですね。

一般的に国内旅行よりも海外の方が限度額が高く設定されていますが原因として海外の医療費は日本よりも数段高いことが上げられます。

ショッピング保険など物品に関する補償もありますが申告までに期限を設けている会社もありますので注意が必要です。

規定された条件が自動付帯か利用付帯かよって異なりますが使わなくても適用されるのが自動付帯、使わなければ適用されないのが利用付帯です。

現金が足りない時クレジットカードがあればとても便利です。

カード発行の申し込みができる会社は沢山あるのでどこの会社の物を発行しようか決断出来ずに迷ってしまう人もいるでしょう。

もし、決断できずにいる時はクレジットカードを比較してみると良いです。

クレジットカードの比較はネットからクレジットカードの比較サイトなどを見ると良いでしょう。

かなり多くの種類のクレジットカードが日常で利用されていますがオモテ面の右下に国際ブランドのロゴが印刷されているものばかり見かけます。

入手が困難なDinersClibもありますがVISAやMasterCard、JCBは一般人でも手軽に持つことができ国際的に使用することができる心強いアイテムです。

三井住友はアメリカ以外の国でイギリスに次いで2番目にVISAと提携した企業で知名度が高く信頼性も抜群だと思います。

MasterCardも所有者が多く幅広い層から支持されており特にヨーロッパ圏で強いカードと言われています。

JCBは国内最強の1枚なのですが海外旅行で日本人があまり行かない地方では使えないことが多いようです。

現金がとぼしくても買い物できるものはいざという時にあると便利です。

ショッピングの支払に利用できる他現金が引き出せる機能が付帯しているので現金が欲しいときに素速く対応できます。

この1枚の作り方は色々とありますが、一番簡単な方法はインターネットから申し込みをする事です。

現在、ネットからの申し込みが主になっています。

ネットを介さない方法は発行した会社から郵送されてくる書類に必要項目を書き送り返すという方法もあります。

1枚あると安心なクレジットカード。

クレジットカードは通常ショッピングの支払いに利用しますが支払い以外にもキャッシング機能が使えます。

キャッシングの使用方法はどのようにするのか?例を挙げれば、急遽現金が必要になった時などに提携しているATMよりカードを使用して現金を下ろす事が出来ます。

しかし、キャッシングを行ったら必ず返済をしなくてはなりません。

返す時は利息も含まれるのでカードを作る時は利息の事も考えて低い所を選ぶと良いです。

金銭的に乏しいときに持っていると便利なクレジットカードはカード会社が多数存在するのでどこのカードを作ろうか迷ってしまうという方も多いでしょう。

そんな時参考にしたいクレジットカードの選び方は年会費や金利などに目を向けてみる事です。

年会費を支払いたくない場合は年会費を支払わなくて良いクレジットカードを。

キャッシングも考え居る人は金利が低いカードがお勧めです。

クレジットカードはレジで現金を出す必要が無くなるだけでなくそれ以外にも様々なメリットがあります。

イオンやOMCなどの流通系のものはポイント付与率が高くなる「感謝デー」を毎月開催するサービスがあります。

JCB、AmericanExpressなどの国際ブランドでは国内の飲食店や宿泊施設の料金面などで優待が受けられます。

会員向けのレクリエーション特典として発行元が運営しているものにはフットサルコートやテニスコート、テニススクール、乗馬、カヌーなどのスポーツ施設の割引価格での利用があります。

片や、美容や医療面に力をいれているカードもあり人間ドック、脳ドックなどのサービスを受けられるものもあります。

現金が手元に少ないときに現金なしでも買い物できる1枚が財布の中にあれば安心です。

買い物に行った際の支払時に現金の持ち合わせが足りないこともあると思います。

そんな時に、この1枚で支払いを済ませれば欲しい物を戻すことなく購入することが出来ます。

それに、これは支払に利用する他世界中でキャッシングできる機能が付帯しているので緊急に現金が必要な時はこれを利用して提携コンビニ・銀行のATMから引き出せます。

レストランや映画館などでクレジットカードを使うと手軽に精算ができるため、レジで手間取ることがなくなります。

利用による手数料で運営会社は利益を得ていますが一般ユーザーで加盟店も料金を徴収されていることは知っている人は少ないと思います。

店舗側が支払う加盟料は営業内容によって異なり回収リスクが高い業種は高く、薄利多売の商店などでは低く設定されています。

3回以上のショッピングローンにすると利用者も支払わなければなりませんので自動引き落としの際に金利と合わせて指定口座から落とされます。

3回未満の支払にローン料金を加算しないのは購買量を多くするための運営会社の配慮なので店舗が利用代金の負担を要求してきても、それは加盟料なので負担すべき料金ではありません。

お金がなくても買いたいものが買える1枚、その支払い方には様々な支払方法があります。

リボ払いは分割払いとは違い残高に応じて決められた金額を月々その会社へ支払います。

支払い額が一定にできるので金銭の管理がしやすくできるのが特徴です。

ただ、この支払い方法には手数料がかかりますので安易に選択する事はあまりオススメではありません。

返済方法は計画的に行ってください。

引用:個人事業主でも作れるアコムマスターカードとは?【審査でおすすめ!】