看護師の仕事とは?

看護師の仕事は、主に医師のアシスタントをして患者さんに医療治療を行います。
看護師協会が定めている看護師の業務には、疾病の予防、苦痛の緩和、健康の増進、疾病からの回復などがあります。
看護師になるためには、国が認定している看護専門学校や看護大学などの教育機関で教育を受けてから、看護師の国家試験に合格しなければいけません。
看護師には准看護師と正看護師がありますが、一般的には看護専門学校で教育を受ければ准看護師の国家試験を受ける資格を修得でき、看護大学で教育を受ければ正看護師としての国家試験を受ける資格をゲットする事ができます。
看護師は、最初から専門的な診療科でそのエリアの知識だけを学習するわけではありません。
看護学校などでは一般的な看護知識を学ぶので、基本的にはどの診療科でも通用する一般的な医療の知識や看護の知識を身につける事ができます。
看護師のお仕事の多くは医療機関。
そのため、入院病棟がある医療機関なら当然、そこで仕事をする看護師にも夜勤などが課せられます。