キャッシング金利の種類

近年はより手軽にキャッシング(借り入れ)ができるようになり、より多くの人が借り入れをするようになりました。
最近では即日借り入れ、またインターネットでの申し込みにより人に会わずともお金を借りられるようになりました。
金融機関が多い今、お金を借り入れたいと思う人はどのように金融機関を選ぶかと言いますと、1番は金利で選ぶ人が多いです。
今日はその借入の際の金利について述べていきたいと思います。
  まず金利と一言で言っても実際には様々な種類があります。
具体的には次の5つです。
1つ目は単利か複利かの違いです。
単利とは実際に借りた元本にのみ利子がかかるのに対し、複利とは元本+利子の合計に更に利子がつくというものです。
すなわち、貯金をする場合は複利の方が多く利子が付くので得ですし、逆に借り入れの場合は単利の方が支払う利子が少ないため得になります。
2つ目は複利ならば、半年複利か1年複利かです。
半年複利は半年単位で利子が増えていくのに対し、1年複利は1年に1度しか利子が増えません。
3つ目は年利か月利かです。
毎月利子が付くか、1年に1度かの違いです。
4つ目は固定か変動かです。
変動である場合は景気や株価によって利子が変動します。
5つ目は運用期間です。
このように様々な違いがあるので、借り入れをする場合は注意して見ましょう。
  さらにキャッシングをする場合は、金融機関によりますが「無利息期間」をキャンペーンでしているところがあります。
これは初めてキャッシングカードを作ったあと、最初に借り入れする際の30日間は無利息にしてくれるというキャンペーンです。
利子を抑え、さらにこれも組み合わせると更に少ない利子でお金を借りられるようになります。
 「借り入れ」とゆうと、よくドラマなどである消費者金融の怖いイメージを持つかもしれませんが、自分の収入や支出をきちんと考え、適切な金融機関を選べば急な出費の際に非常に有効な手段と言えます。